「Scobleをそっとしといてあげて!」

次の記事

テクノラティがブログランキングを改正、首位エンガジェットには大打撃

この一週間、Robert ScoblePlaxoの大しくじりの主役となってFacebookから締め出されたが、すぐに復活、次いでこの問題に関してデータ・ポータビリティーの自由を主張する論戦をしかけた。 Loren Feldmanの1938mediaは一連の騒動を皮肉るパロディーを掲載した。(上のビデオ)。Robertが人を退屈させない男だということは認めなければなるまい―もっとも彼の録画ビデオはけっこう退屈なのが多いが。

今月末、RobertがFast Companyで働き始めれば、またなにかと話題の主になることだろう。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)