yoonew

スーパーボウルのチケットを激安で:チケットの先物取引

次の記事

Advertlets、Deadpool入り―それともドメイン名の更新を忘れたか?

スポーツや演劇やコンサートの安売チケットの市場といえば、よく言って怪しげ、ひどければ完全な詐欺だ。この業界について私の実体験を綴った記事を1年前に書いた。

チケットブローカーは現金の手渡しが多くて、経理はいい加減、他人を出し抜くためには脱税も辞さない。買い手を見つけてからチケットを探しに行くのも日常的なやり方だ。思うような値段でなければ(よくあること)ブローカーは平気で反故にする。しかもチケットの2次販売は、多くの州で規制されているか全面禁止されているので、市場そのものがグレイになり勝ちで、客は減り価格は高騰する。偽造チケットが横行して混乱に輪をかける。

だからといってeBayがこの市場から手を引く気配はない(むしろもっとおとなしいといえるバーチャルグッズは禁止しているのだが)。それどころか去年の1月には。2次流通チケットマーケットプレイスのStubhubを$310M(3億1000万ドル)で買収して、さらに拍車をかけた。

一方では新しいタイプのスタートアップが、そんなチケット市場を、株式市場と同じようなやり方で証券化しようとしている。中でも Yoonewというスタートアップがその先頭を走る。

Yoonewは現在フットボールのチケットに焦点を絞っていて、Super Bowlが最大のイベントだ。Super Bowlのチケットのためなら$2000でも、それ以上(いくらでも)でも払う人がいる。良い席が欲しくて、評判の良いブローカー(あくまでも相対的な話だが)から買うとなれば、びっくりするような金額を払うことになる。ギリギリまで待てば、特に人気チームが出場しないときなら安く買えることもある。が、もっと高くついたり、買い損うリスクもある。

舞台裏にはマーケットメーカーがいる。実際のチケットを持っているほんの一握りの人たちのことで、NFLの選手や関係者や公式スポンサー、それにそこからチケットを買う人たちなどだ。いくら払うかはゲームの経済的価値に基づいて決まり、毎年巨額の資金がリスコをもって投じられる。そして、このチケットが消費者に向けて売りに出される。うまくやれば大儲けをし、失敗すればたった1試合のために仕事を失う。

Yoonewはこのリスクを商品化にして、個々のチケットバイヤー、即ち実際にゲームを見に行く人たちが手にすることができるようにした。ひいきのチームが出られるかどうかもわからないうちにチケットを買うのではなく、チームが出場することに賭けるコントラクトを買う。実際にそのチームが出場すれば、追加費用なしでチケットが手に入る。チームが出場できなければ、コントラクトに払った金は返ってこない。

価格は市場が決める。コントラクトは安ければ数百ドル程度から買える(残っているチームが出場できる確率が急上昇するのにつれて、価格は上り続ける)。これは、ふつうならSuper Bowlに手の届かないファンにとって大きな魅力だ。早いうちに買って、あとは幸運を祈るだけだ。

Yoonewによると、コントラクトは保証されていて、これまでに詐欺やチケットが届かなかった例はないという。ただし、サイトのどこを見てもその保証内容について書かれたリンクは見つからない。Forbesの記事によると、払った金の3倍が保証されるということだが、それを示す証拠はサイトに見あたらない。3倍の金をもらったとしても、ひいきチームが出場したのに見に行けないという損失を埋め合わせてはくれない。よって、昔から言われるとおり「買い主をして警戒せしめよ」ということだ。

この会社とファウンダーらについての詳しい経歴はここにある。会社は2004年に設立されたが、ビジネスモデル実現するまでには縮小を繰り返し、倒産寸前まで追い込まれたこともあるようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)