verwandt
Geni

ドイツのGeniクローン「Verwandt」が第2ラウンド資金を調達

次の記事

[CES2008の注目]Belkin「PodCast Studio」、Asus eeeにライバル登場?

家系図がテーマのソーシャルネットワーク「Verwandt」がHasso Plattner Ventures(HPV)からシリーズBラウンドの調達を完了した。噂では「数百万ドル」という話もあるが額は非公開。 第1ラウンドは2007年7月で、出資企業はハンブルグのNeuhaus Partners。

Verwandtは元々Geni.comのクローン(Geniの方はその後ずいぶん進化し、今では写真、家族のニュースフィードなども揃っているが)としてGeniに遅れること半年目にデビューした

ところが後発組にも関わらずVerwandtはGeni以上のスピード成長を遂げ、サービス開始から5ヶ月で家系図100万件、プロフィール950万件を追加(対するGeniは開始後これまでに集まったプロフィールは450万件止まり)。現在家族140万世帯、プロフィール1600万件を抱えるという(Verwandt発表)。トラフィックの約3分の1はドイツ国内のもの。

この目覚しい成長の少なくとも一端はサイトの多言語対応によるものだろう。Verwandtのサービスはドイツ語、ポーランド語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、英語で使える。 また、VerwandtにはGedcomというインポート/エキスポート機能もあり、家系図データを異なるアプリ間で移動して回ったりできる。Verwandt成長の大きなパートはGedcomのインポート情報から来ているものと思われる。

CEOのSven Schmidtはインポートデータは同社のプロフィの5%未満だと話している。Geniの方も今はエキスポート機能が使えるほか、インポートも間もなく実現の予定。

Crunchbase: Geni

[原文へ]

(翻訳:satomi)