Google、一日あたり20,000テラバイトのデータを処理。処理データ量は更に増加中

次の記事

フランス報道機関、Facebookを舞台にした悪ふざけに騙される

googleogo7.gifGoogleで日々行われているウェブのインデックス、検索結果の処理、広告掲載やその他などコンピューティングの規模についてGoogleエンジニアが近頃資料を発表した。9月の終わり時点で、Googleが処理するデータは一日あたり20,000テラバイト。この大規模なコンピューティングをこなす能力はYahooやマイクロソフトその他との競争で優位に立つ大きな理由を占めている。

Niall Kennedyは、Googleの大規模コンピューティングがどのようにして今に至ったかについて取り上げ、この大規模コンピューティング作業それぞれ(MapReduceとして知られる)にかかるハードウェアコストはおよそ$1M(100万ドル)と見積もっている。この種の作業数は2004年から2006年にかけ大幅に急増(10倍)そして、それから一年半後にもさらに増えている。以下チャートを参照してほしい。

google-mapreduce-chart.png

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)