中国人ブロガー、行政当局に集団暴行され死亡

次の記事

ThinkFree、ビジネス再考中か?

china2.jpg中国人ブロガーが携帯電話でデモを録画しようとしたかどで政府当局に殴打され死亡した。

死亡したのはWeiさん。地元の村住民が行政当局に抗議する衝突あるいはデモの現場に居合わせたところを、自治体の検査官50人以上に押さえつけられ延べ5分にわたる暴行を受けた。

CNNが伝えたところによると、この殺害のニュースは中国国内に反発を巻き起こしている。「中国のネットのチャットルームでは何千人という人たちが憤りを表明している。中国ではチャットルームが政府を公けに批判できる唯一の場であることも多い」

中国政府は直ちに関係者の身柄を拘留し、自治体検査官24人を逮捕、100人以上を対象に事件の事情聴取に乗り出した。中国政府公認のニュースサービス・新華網がこのニュースを報じた点が注目に値する(中国だけに)。おそらくこれは中国政府が暴行に関与した関係者に寛大な措置をとるつもりがないことを内外に示し、批判の矛先をかわそうとする試みと思われる。

(写真クレジット: AP/ CNN

*訳注:事件は月曜武漢の廃棄物投棄現場で発生した模様です。被害者Wei Wenhuaさんは41歳の建設会社幹部(追記:「ブロガー」かどうかは中国国内の報道では不詳。また、記事中「検査官」とあるのは中国語で「城管」、市町村が雇う警備員です)

[原文へ]

(翻訳:satomi)