Google、iPhoneインターフェースを強化

次の記事

特許改革法案、ピント外れの課題に注目

iphoneigoogle.jpg

すでにお伝えしたように、GoogleはアップルのiPhone向けインターフェースを大幅に改善した。さくさく速いし、更なるカスタマイズ化が可能、それに携帯電話でもiGoogleガジェットに対応(オフィシャルな詳細はここ)。iPhoneからの既存トラフィックに加え更なるモバイルトラフィック獲得の一助となるだろう。

さらに意義深い点は、iGoogleとのインテグレーションによって、アップルがサードパーティ・アプリにiPhoneを開放するのをディベロッパーたちは待つ必要が無くなったこと。その代わりiGoogleガジェットを制作できることになる。GoogleのCEO Eric Schmidtがアップルの役員会の場でiPhoneについてのディスカッションを避けたのもムリはない。 (携帯電話の)小さなスクリーンという縄張りをめぐって、彼はアップルと競いあっているのだ。

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)