速報:Mozilla、Humanizedファウンダー達をチームに迎え入れる

次の記事

TicketMaster、 オンライン・チケット再販売業者TicketsNowを$265Mで買収

mozilla-logo.pngMozilla Foundationが、Humanizedを買収の主要メンバー3人を採用したという情報を聞いた。同社は、ソフトウェアユーザーインターフェースを手掛ける企業で規模は小さい。アップル社のインターフェースデザイナーとして有名なJef Raskinの息子であるAza Raskinによって設立されシカゴに拠点を置く。Humanizedはこれまで、デスクトップ、ウェブベースソフトウェアの両方のユーザーインターフェース(UI)改善に取り組んできた。プロジェクト一例には、Ensoや音楽検索エンジンSongzaなどがある。MozillaからHumanizedに支払われる金額については知らないが、これは買収ではなく人材を見込んでのことだと思っている。

Crunchiesのベストデザイン部門にノミネートされているSongzaは12月に別企業としてスピンオフしており、今回のディールには含まれない。Humanized、Songzaどちらのエグゼクティブたちも本件に関してコメントしてはいない。

およそ6人からなるHumanizedチームの全員がMozillaに向かうことはないだろう。Firefoxあるいは、まだ未発表のソフトウェアプロジェクトでUIに関する彼らの腕前を披露するはずだ。おそらく、オンラインでもオフラインでも機能し、ブラウザーとは別ものの新デスクトップアプリだろうか?いずれにせよ、今後どのようなサービスをリリースするのか待ちきれない。

アップデート:Humanizedに関心を抱いていることをMozilla CEOのJohn Lillyが認めた。ただし、雇用合意であって、買収ではないという。私あてのメモ中で彼は次のように述べた:

MozillaはHumanizedの主要メンバー3名を採用した。2008年1月16日からMozilla Labsに参加する予定。Mozilla Labsのその他のものと同様に、Firefox関係、あるいはより幅広い対象のものなどを含め数多くのイノベーションを目にするだろうと期待している。本件は買収ではない。Mozillaからのプレミアム支払いや知的財産権の取得も行われていない。

Humanizedの主要メンバーによる業績については、見てもらえればわかるとおりで私から言うことはないだろう。ウェブ関連の多数の素晴らしいアイディアがこれまでの成果に現れており、このような人材をMozillaに迎えることをとても嬉しく思っている。

Humanizedの主要メンバー4名は、Raskin、John DiCarlo、Atul Varman、Andrew Wilson。Raskinはその他2名と共にMozillaに参加する。

humanized-team.png

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)