Meeboのウィジェット戦略は成功

次の記事

CriteoがIndex Venturesから$10M調達

meebo-logo.pngウェブベースIMサービスのMeeboは、他サイトに置いたウィジェットでブランド価値(とトラフィック)を高めることにかけては教科書的存在だ。以前われわれが書いたように、Meeboのトラフィックの大半は、Facebookをはじめとする他サイトに置かれたMeebo Roomsなどのウィジェットから来ている。最新のcomScoreのWidget Metrixの数字がこの理屈を物語っている。

2007年10月、これが現在の最新データなのだが、comScoreによると米国内で630万人がMeeboウィジェットをアクティブに使っているのに対して、Meebo.comのサイトに行った人は120万人だ。全世界では、Meeboウィジェットの1980万人に対してサイトの訪問者は430万人。つまり、米国内の84%、全世界でも82%のMeeboトラフィックがウィジェット経由ということになる。ただし、アクティブユーザーのはまり方はサイトの方が深い。何やかやで、Meeboでは1日あたり1億5000万件のIMが送られていて、このうちわずか2000万件がMeeboルームから出ていっているわけだ。

このグラフは、サイトとウィジェットを合わせたビジター数の伸びを示したもの(Meeboの社内データによる)。

CrunchBase:Meebo

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)