ダボス世界経済フォーラム

次の記事

TechStars、2008年の募集を開始

今週は重要なカンファレンスに2つ参加して報告する。最初がミュンヘン(たった今到着したところ)で行われる「Digital, Life, Design」。興味あるパネルや議論が行われる予定で、明日から2日間にわたってハイライトをお送りする。

そして火曜日(米国時間1/22)には、スイスのダボスで、3000人の幸運な人たちとともに世界経済フォーラムに参加する。ここに参加できるのは名誉なことで、セッションの多くについてはブログに書くことができる(一部はオフレコ)。さらに私は土曜日に行われる、「パイオニアたちと売り込み」というセッションの「チャレンジャー」の1人にもなっているので、これについても報告するつもりだ。時間が少しでも空いたら、GoogleのLarryかSergeyかMarissaを説得して、ベイエリアに帰るGoogleジェットに乗せてもらうために費やす予定(幸運を願ってほしい)。

ダボスカンバセーション

ダボスカンバセーションの締切は明日1月21日。このプログラムは、ダボスの参加者がもっと広いコミュニティーの人たちと対話するためのもので、誰でも議論に参加することができる。

参加するためには、次の質問に答えるビデオを作って、ダボスカンバセーションYouTubeサイトにアップロードする。質問:「2008年の世界を良くするために国や企業や個人がするべきことを1つ考えるとしたらそれは何ですか」。

 

明日までにビデオを投稿すれば登録される(サイトの「view/vote」をクリックすると、全ビデオを見られる。私も明日アップロードするつもりだ。回答ビデオを投稿した人は、コメント欄にビデオのリンクを書いてくれると嬉しい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)