ニュース

23andMe、ダボスの世界経済フォーラム参加メンバー1千人にDNA解析を無料で提供(TechCrunch読者1名にも無料プレゼント)

次の記事

FunnyorDie、健闘中―やっぱりコンテンツがカギだ

23andme.jpg昨夜(米国時間1/22)のダボスの世界経済フォーラム(World Economic Forum)のディナーで23andMeのファウンダー、Linda AveyとAnne Wojcickiは23andMeの個人DNA解析キットをフォーラム参加者1千人に無料提供すると発表した。くそ、と私は思った。私はすでにこのキットに$1,000払ってしまったフォロー記事)。 (アーリー・アダプターなんてものはたいていこういう目に遭う)。噂では、23andMeはTEDカンファンレンスの参加者100人にも無料キットを配る予定という。

なんにしても、ダボス会議の参加者である私は無料キットをもらえる権利があるんだから金を払い戻してくれと長い間粘った結果、LindaとAnne はTechCrunch読者のために無料キットを1つ提供することを申し出てくれた。希望する読者は下のコメント欄に「なぜDNA解析テストを受けることが自分にとって重要なのか」について書いていただきたい。そのコメントに基づいて、われわれが当選者を選ぶ。コメントの締め切りは24時間後。

同社はキットがどのくらい売れたか公表していないが、「期待を上回るセールスを記録している」ということだ。昨日、23andMeはヨーロッパとカナダでも営業を開始した。また適切にも「The Spittoon〔唾を吐く壷〕」と名づけられたブログを立ち上げている。

ところで最近、私の23andMeのテスト結果が返ってきたので 、来週、そのハイライトをご報告する。

CrunchBase: 23andMe

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)