Dataportabilityに新たな転向者Microsoft

次の記事

WSJ.comの最終決定:無料コンテンツ増えます。ただし、有料購読は継続、おそらく値上げも

dataportability-logo.pngオンラインの自分のデータは自分のものなのだから、ソーシャルネットワークやウェブサイトをどこへでも持ち歩けるべきだ、という考え方が最近勢いづいてきた。Yahoo、MySpace、LinkedIn、Google、Plaxo、さらにはFacebookまでもがDataportabilityワークグループに参加して標準化をはかっている。そして今、Microsoftも参加することとなった。4億2000万のWindows LiveのIDはユーザープロフィールと結びついており、この会社の参加は力強い。データ独占の時代は終ったのか?

期待しない方がいい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)