ウィジェットのキングたち

次の記事

Dataportabilityに新たな転向者Microsoft

ウィジェット界を牛耳るのは誰か? 測定は困難だが、comScoreがこの難問に取り組み、ビュー数ベースの新ウィジェット・プロバイダー上位ランキングを発表した。

このWidget測量データは2007年11月時点のもので、「他のサイトに個別にエンベッドしたりダウンロードして自動的にコンテンツが更新したり、インタラクティブにやり取りできたり、ツールとして使えるオブジェクトを対象に測定した」。

11月米国内ではオンラインでウィジェットを見たことのある人が1億4800万人に及んでいる。オーディエンスはウェブ全体で1億8200万人なので、米国内の全ウェブサーファーの81%がウィジェットを見た計算となる。うちMySpaceのウィジェットを見た人が米国ネット視聴者ではダントツの32%で、SlideとClearspringが各々22%でこれに続いている。ひとつ離れて4位はRockYou(18%)だ。MySpaceと同じNews Corp.傘下のPhotobucket(16%)も合わせたら、MySpaceが所有するウィジェットは46%となる。

Meeboも1900万人が見てるならこに入っていても良さそうなものだが。入るとすればiGoogleのすぐ次だろうか。 ほかに取りこぼしは誰かいるかな? 

Update: WidgetBoxも自社ウィジェットの月間ユニークビューが2500万件あるが、Javascriptを使ってるせいで、このcomScoreの番付けではカウントされていないようだ。また、番付けにはカウントのダブりの問題もあって、例えばClearspringはRockYouのウィジェットにもカウント追跡コードを埋め込んでいる(だからカウントが重複している)。さっきも書いたが、やっぱり簡単には測定できないみたいですね。

widget-rank-nov-07.png

[原文へ]

(翻訳:satomi)