Blogger、中東に進出

次の記事

Technoratiの前CEO、Sifry、「Web Hot Or Not?」をローンチ

GoogleはBloggerが公式にアラビア語、ペルシャ語、ヘブライ語のサポートを開始したと発表した。これでBloggerがサポートする言語の数は40となった。

さらに重要な点は、今回Bloggerがアラビア語、ペルシャ語、ヘブライ語のために〔他の多くの言語と逆の〕右から左への文字順をサポートするようになったことだ。

BloggerはGoogleに買収される以前からアラビア語とペルシャ語のブログをサポートしていたから、この両言語の公式サポートの開始までこんなに時間がかかったのが不思議ともいえる。

中東地域は若い世代がインターネットに参入しつつあるのでGoogleにとっては大きな成長が見込めるマーケットだ。イランのような閉鎖的な国でさえ、ずっと前からブログはポピュラーになっているし、Bloggerは多くのブログのプラットフォームとなっている。しかし、中東地域のブロガーは身の危険を覚悟でブログしなければならない。官憲によってサイトは始終閉鎖させられるし、サウジアラビアのように逮捕、投獄される場合だって珍しくない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)