revision3

ヴァージンアメリカの機内放送にネットの人気番組「Diggnation」が登場

次の記事

検索する人の友だちを見て全然違う検索結果を出すエンジン「Delver」

ブロガーとテクノラティのための航空会社である証拠に、バージンアメリカ(ここの航空機は全席イーサネット専用ポートと電気ソケット付き)が「Diggnation」全放送分はじめ、Revision3が製作したネット放送番組の「Tekzilla, The Totally Rad Show, Web Drifter」、「XLR8R TV」、「The Digg Reel」を機内で流す。

Diggnation」はDiggとRevision3のファウンダーKevin RoseとAlex Albrechtが司会を務める、Digg利用者に人気の番組だ。先日紹介した「GigaOm Show」もRevision3の製作番組だが、今回のラインナップには含まれなかった。

Revision3の番組はバージンアメリカ機内全席の背もたれに取り付けたエンターテイメントシステムで楽しめる。対象はニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ラスベガス、サンディエゴ、シアトルの各路線。

これはウェブ動画にとって大きな弾みになる動き。Revision3にとっては特に良い話で、Revision3の番組は機内映画とサテライトTVのすぐ隣に並んで表示となるので動画ブランドを敏感なオーディエンスに目前に晒す格好の機会になりそう。移動に6時間かかるならみんな何かは見るだろうからね。これでRevision3もさらにファン獲得になるし、今のウェブ視聴層(月間動画視聴数は既に420万回)から対象も広げられるだろう。番組はオリジナルの広告と一緒に放映となる。

CrunchBase: revision3

[原文へ]

(翻訳:satomi)