ivideosongs
DEMO

iVideosongs、オンライン・ビデオでギターの奥義を伝授

次の記事

7digital、£4.25M調達

ivideo-logo.pngギターを勉強しようというユーザーにまさにぴったりのサイトが誕生した。iVideosongsは2年間の準備を経て、今日(米国時間1/28)DEMOカンファレンスでローンチする。このサイトは世界で一流のインストラクター、アーティスト、バックミュージシャンらによるギター演奏のハウツーを詰め込んだチュートリアル・ビデオを提供する。まだSlashのギター・レッスンはアップロードされていないが、GrahamNash、John Oates、Alex Lifeson(Rushのギタリスト)らによるギター演奏のビデオが見られる。このサイトはだいぶ歳をとってきたがまだギターを弾いてみたいベビー・ブーム世代の男性を主要なターゲットにしているようだ。そういうターゲットの層は厚い。しかし、もちろん、非常によくできたビデオなので、年齢に関わらず、誰でもここでギターの勉強ができる。画面は大きく、画質もクリアで、プレイヤーがどう演奏すべきか、クローズアップで詳細に見られる。

このスタートアップは2006年に創立され、$3M(300万ドル)の資金を集めている。この2年かけて主要な音楽著作権の保有者とライセンスの交渉を進めてきた。現在iVideosongsでは、いくつかの無料チュートリアル・ビデオと$5(インストラクターによるビデオ)版、$10(アーティストの演奏ビデオ)版の有料チュートリアルがが提供されている。これがプライベート・レッスンなら1時間あたり$35から$40になるところだ。

ivideosongs-5.pngこのあたりがインターネットの美点だ。ユーザーは1対1の場合とは比べものにならないくらい安い金額で世界でもベストの先生からレッスンを受けることができる。それぞれのダウンロードが1曲分のレッスンになっており、ごく短い章に分けられていて、イントロ、メロディー、コーラス、ブリッジ、エンディングなどのパーツごとに練習を進めていくことができる。アーティストのビデオではアーティストがインタビューに答えて、影響を受けたミュージシャン、今まで使ってきたギター、その曲への思いなどを語っている。現在ローンチの時点ではiVideosongsには50曲の有料版と25曲の無料版のチュートリアルが用意されている。今年の末までには、レパートリーを1千曲にまで増やしたいとしている。ドラムとキーボードのチュートリアルもいくつか提供されている。

スクリーンショットをさらにいくつか掲載しておこう。

ivideotunes-4.pngivideotunes2.png
ivideosongs-screen.png

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)