Diggの登録ユーザー数が1年で3倍増(探偵プログラマー調べ)

次の記事

TechCrunch公認推薦「ハイテク大統領」はオバマ氏とマケイン氏に決定

Diggが最後に登録ユーザー数を発表したのは昨年3月に100万人を突破したときのことだった。今はといえば、プログラミング探偵John Graham-CunningがDiggのユーザープロフィールページから登録日付を取ってきて、Diggユーザー数を270万人と推定した。大きな変曲点は2006年7月にDiggがハイテクを超えて国際ニュースやエンターテイメントに拡大したときと、2006年12月にビデオリンクを追加したときだ。2007年8月の大改変も効果があったようだ。今のペースでいくと、Diggは2008年3月には300万ユーザーの壁を超えることになる。

Graham-CunningによるDigg登録ユーザー数成長の非公式グラフがこれ。

digg-users-chart.png

これは登録ユーザー数に限った話。つまり、どれだけがアクティブなのかはわからないのだが、Diggコミュニティーに参加する(記事を投稿したり、投票する)ためには登録ユーザーにならなければならない。Digg全体のトラフィックはもっと多い。comScoreによると、2007年10月に米国内のユニークユーザーが630万人でピークを迎え、12月はやや落ちて600万だった(この減少は学生が休みに入ったことによる季節変動かもしれない)。12月の全世界トラフィックはこの12月の数字のおよそ2倍だ。

digg-traffic-chart.png

CrunchBase:Digg

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)