Microsoft、Google文書に返答(早っ)

次の記事

Googleは未だにMicrosoftに対してゴリアテだといえるのか? ノー。

microsoft.jpgMicrosoftの法務顧問Brad Smithは、今日(米国時間2/3)Googleが発表したMicrosoft-Yahoo買収に関する公式文書返答し、Googleが検索と広告で支配的立場にあることを強調した。

MicrosoftとYahooが一体になれば、インターネット検索とオンライン広告における有力なナンバー2となり、今以上に競争のある市場が形成される。他のシナリオでは、インターネット上の競合は減少するばかりだ。

現在、Googleはウェブ上の検索エンジンと広告の支配的企業だ。Googleは世界中の有料検索収益の75%を占め、なお成長中だ。報道によれば、Googleは米国の検索市場の65%以上、ヨーロッパの85%を占めているという。一方MicrosoftとYahoo!を合計しても、米国の30%、ヨーロッパの10%にすぎない。

Microsoftは、インターネットのオープン性と革新そしてプライバシー保護に専心することを約束する。MicrosoftとYahoo!が一体となることによって、この目標に近づけると確信している。

(上記が回答全文。強調はDuncan)

Smithの数字は正確なものであり、Googleが何を言おうと政府関係者が問題にするのは、広告費と効いている分野(検索)であって、メールではない。

「 Microsoftは、インターネットのオープン性と革新そしてプライバシー保護に専心することを約束する。」には笑ってしまう人もいるかもしれないが、デスクトップの話を別にすれば、Microsoftはオンラインのオープン性ではまっとうな歴史を残しているし、市場シェアは小さいながらもSilverlightなどの優秀な技術によって革新もある。Michael がGoogleに愛を感じられないと言っていたが、そう思うのは彼ひとりではない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)