Canaan Partners、インドとイスラエルに焦点を合わせ$650Mのベンチャーファンドを調達

次の記事

ソーシャルニュースサイトにメールは必要か?Mixxは必要だと考えた

canaan-logo.png公設市場に深く根付いている恐怖が何であれ、まだベンチャーキャピタルまでは伝わっていない。Canaan Partnersは今日、8つ目のファンドを発表するが、それは$650M(6億5000億ドル)にもなる世界志向の初期ベンチャーファンドだ。過去のファンドに参加したCanaanのポートフォリオ企業には、DoubelClick、Match.com、SuccessFactors、Tremor Media、Lending Club、Blurbなどがある。Canaanは米国の技術、医療のスタートアップにおける初期利益獲得に重点を置くことに加え、インドとイスラエルのスタートアップにファンドの1/4を投資することも予定している。

もしウェブ・スタートアップの分野で中国の次に来るのがインドなら、ファンドはうまくいくはずだ。インドの企業は、驚くほどオリジナルな製品を考え付く企業というよりは、文化的なひねりはあるものの依然として米国のウェブ企業を模倣したものだ、と無限責任社員のDeepak Kamraは説明する:

インドでは、もっと多くの新製品を扱う企業に関わりたいと思っています。でも私たちは、素晴らしい製品を扱うインドの企業は一握りしかない、と現実的にならなければなりません。当面の間は、ちょうど今インターネットに流れ込んできているこの巨大な国内市場があります。最先端である必要はありません。今起こっているのは、Web 1.0企業の適応なのです。

とはいえ、願わくば、今後より多くのZohosが米国に押し寄せるのが見られますように。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)