グーグルとTwitter、スーパー・チューズデー開票追跡で二人三脚

次の記事

AOL、アフィリエイトネットワークbuy.at買収で広告プラットフォーム強化

twitterrific.jpgグーグルがTwitterと一緒にスーパー・チューズデーの日のためにGoogle/Twitterのマッシュアップを提供する。

スーパー・チューズデー関係のTwitterメッセージ(Tweets)はGoogle Map上にオーバーレイされ、ほかの動画「YouChoose ’08」、Google Newsの選挙関連記事見出し、州別予備選開票結果の情報と一緒に表示となる。サイトはこちらでライブで見れるほか、グーグルでは開票結果が入る端から見れるガジェットも用意した

グーグルは前にもこんな調子で大事件の動向を追跡している。が、今回はTwitterと組んだところが違う。グーグルは昨年10月、TwitterのライバルのJaikuを買収している。あれ以来、ぱったりJaikuの話は聞こえてこなくなった。断片的に入ってくるニュースと言えば、グーグル傘下に入ってからJaikuのサービスが停滞し、ユーザーがTwitterに乗り換えているという報道ぐらいだ。

今回のマッシュアップが、グーグルが$100M(1億ドル)でJaikuを買ったことはさておき、Twitterこそ本命と認めた証拠と見るべきか? それともJaikuはただ単にAndroidに吸収したいがために買ったテクノロジーのひとつであって、もはやTwitterのライバルの座を降りたと見るべきなのか? (JaikuはただのTwitterクローンというだけではない。強力なモバイル専用プラットフォームを持っている)

Twitterの新ホスティングサービスVerioがトラフィックに対応できることを祈りたい。無理ならグーグルがTwitterにサーバースペースを少し貸すんでもいい。そうでもしないと、また今晩9-10pm EST(米国時間2/5)開票速報がどんどん入り始める頃になって、せっかくのマッシュアップも上の画像みたいなエラーメッセージ画面だけ、という結果になりかねない。

TechCrunch: Twitter Jaiku

*訳注: スーパー・チューズデーのTwitterなんて想像するだけで恐ろしいですね。無事を祈ってます。

[原文へ]

(翻訳:satomi)