YCombinator
reble

友だちのプレイリストから好きな曲を流して聴けるReble.FM

次の記事

モバイルVoIPアプリ「Fring」でファイル交換が可能に

reble-logo.png昔まだステレオの時代(覚えてるかな)には友だちの楽曲コレクションを聴きたかったら家に行くしかなかった。今はFacebookでiLikeのプレイリストを確かめたり、Last.fmのプロフィールを見たり、他の何ダースもあるソーシャル楽曲共有ウィジェットとサイトを見るだけで済む。

この便利なリストに今度はReble.FMが加わった。Reble.FMはデスクトップに無料ダウンロードすると、同じくReble.FMクライアントを搭載した友だちのオンラインのパソコンから楽曲を流して聴けるソフトで、今日(米国時間2/5)一般向けにベータ版が公開となった。ファウンダーでコード作成をまとめたNick Meyerはこう話している。:

あたかも自分のハードドライブで楽曲を再生するように友だちのコンピュータで楽曲が再生できる。友だちの曲は何でも自分のプレイリストに追加できる。Rebleで実現したいのはそんなサービスです。

RebleはYCombinatorが起業を支援する、ちょっと中途半端なスタートアップで、そのソフトはJabberというオープンソースのIM専用プラットフォーム上に構築されている。つまり友だちとIM中に相手のiTunesや他の楽曲ライブラリに繋ぐという仕組みである。楽曲が見えるのは自分の連絡先リストに記載の友だちの楽曲だけ。ストリーム配信できるのは同時に聴いてる人が誰もいない曲だけ。つまり1対1のシステムなのだ。

ただし、友だちをたくさん招待すればするほど自分がアクセスできる楽曲ライブラリは大きくなる。ソフトは今のところWindows対応オンリーで、DRMフリーのMP3楽曲しか流せない。最終的にはiTunesやアマゾンのようなデジタル楽曲ストアで気に入った曲がすぐ買えるようになるようだ。

クライアントはDLしなくては使えないので、この点を嫌うユーザーもいそうだ。特に友だちとプレイリスト共有できるウェブサービスなら他にも沢山ある。サイトに全曲アップロードする手間が省けること、友だちの曲をランダムのシャッフルでしか聴けない問題が解消になるのは良いんだが、オンデマンドの楽曲ストリーミングは今やウェブの楽曲共有サービスでも実現していること。Last.fmでは例えば、デフォルトのランダムなシャッフルモードに戻る前に、どの曲も無料で3回まで通しで聴くことができる。Rebleを試してみられた方は感想を是非コメントで教えてください。

CrunchBase: YCombinator ilike Last.fm

[原文へ]

(翻訳:satomi)