AOLが瀕死のアクセス契約事業を分割へ。IPO発表はいつ?

次の記事

やっとまともなウェブベースのPDFビューア(Issuu)を発見

picture-250.png今日発表されたTime Warnerの収支報告で、AOLを2つの事業に分割する予定であることをCEOのJeff Bewkesは明かした。その2つとは、瀕死のアクセス契約事業と成長中の広告ネットワーク、Platform Aだ。これはマーケティングネットワークの関連会社のbuy.atをAOLが買収、というニュースの翌日、さらにFlashベースのウェブトップのGoowy買収の数日後に発表された。Goowy買収は、AOLがいまなおウェブサイトの改善に努力していることを示唆している(より多くのページビュー=より多くの広告収入)。そんなものはやっと見切りを付ることにしたダイヤルアップアクセス事業に過ぎないというのに。

ダイヤルアップ契約は長きにわたってAOLのドル箱だったが、去年の売り上げは、2006年の$7.8B(78億ドル)から33%減の$5.2B(52億ドル)。契約も380万件減少した(それでもまだ980万件の契約がある)。ところが、実際のところ、広告収入の伸びにより去年の営業利益は$2B(20億ドル)へとわずかに増加しているのだ。

分割は「AOLの戦略上のオプションを増やす」だろう、とBewkesは話した。それは売却、またはIPO、またはその両方を暗示するものだ。Time Warnerはアクセス事業をプライベートエクイティファームに売却し、Platform AのIPO計画に全力を傾けるべきだ。

(情報開示:私はTime Warnerの元従業員なので、同社の株を持っている)

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)