Appleの特許は、テレビでウィジェットとチャットを使う方法のヒントをものがたる

次の記事

企業は変わる、ロゴも変わる

apple-tv-patent-small.png

Apple TVの特許申請には、私たちがテレビを見るときにウィジェットが果たす役割が説明されている。これは2006年に申請したものの改訂版だ。この中でAppleは、みんながApple TVを見ている間に、画面にどのようにウィジェットが現れるか説明している。ウィジェットは、スポーツ中継の得点やニュースフィードを見せたり、どこかにいる視聴者や友だちと会話するためのチャット機能などを備えることができる。じっさい、今デスクトップにあるようなウィジェットはどれでも簡単にテレビ画面に置くことができる。特許には、こうしたウィジェットがiPod Nanoそっくりのリモコンや、放送信号自体に含まれる情報によって起動されることが書かれている。

特許なら掃いて捨てるほどあるし、Appleがこれを出願したからといって、いつか製品として陽の目を見るとは限らない。それでも、こうした課題についてこの会社がどう考えているかを知るヒントにはなる。コンピューターとTVを融合させようとするなら、ちょっとしたデータをいいタイミングで見せるのにウィジェットは最適だ。ちょっとした透明効果を加えてパーソナライズしたグラフィックのように見せることもできる。うまくやれば、深くターゲットされた広告ツールにもなりうるし、インターネット上のレリバンスをテレビに持ち込むこともできる。(ただし、この特許はそこには触れていない)。テレビでウィジェットを使う方法の答えを見つけることができれば、相当な価値の物件を押さえることになる。

特許出願番号20080034309、申請の日付けは2008年2月7日。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)