Topixに強敵出現~Google Newsに地方ニュース欄登場

次の記事

グーグルOBがノウハウ動画サイト「Howcast」を開設、ラウンドAで$8M調達

googlenewslogo.pngTopixと言えば、何万という地方ニュース媒体の情報をネットでアグリゲートし、市民ジャーナリズムも応援して有名になった会社だ。グーグルがサービスを拡大しTopixと直接争うのも時間の問題と思われたが、どうやらその時が来たようで本日(米国時間2/7)、「Google News」にカスタマイズ可能な地方ニュース欄が加わった。

ローカリゼーションはnews.google.comで使えるオプション。国別ニュースポータルには未対応のようだ。使い方は単純で、Google Newsに行くとLocal Newsのオプション追加ボックスが(メインのニュースの下に)自動的に出てくるので、そこに自分の郵便番号や住所を入力するだけ。あとは、立地に応じて記事を回収し「Google News」ページのサブセクションに表示してくれる。あとトップのサイドバーのメニューにも加わり、地方ニュース専用ページもできる。

Googleはこう説明している。:

いつも通り、記事には複数の情報ソースをまとめて表示し、指定エリアのトップニュースがトップに来るようになっています。ランキング評定では発行元の所在地も考慮し、その地域の情報ソースはすべてPRできるよう配慮しています。

Google Newsを利用するオーディエンスはTopixより遥かに多く月間4700万PVである。対するTopixはたったの620万PV(Comscoreが2007年12月世界全域を対象に調べた統計)。ただ、これまでGoogle Newsは地方ニュースの守備が弱かった。Topixはいよいよ厳しい競争に晒されそうだ。

localnews.jpg

CrunchBase: Topix

[原文へ]

(翻訳:satomi)