Yahoo幹部、会社を去る: Bradley Horowitz、Googleへ

次の記事

Firefox 3ベータ3リリース――勇気がある人はどうぞ

Yahooの情報源を通じて確認したところ、Yahooの先端テクノロジー事業部長(そして、今日の先の記事に出てきた)のBradley HorowitzはGoogleへの移籍を了承したのだという。コメントが欲しいとBradleyにメッセージを送ったが、まだ返事はない。

はっきりとした役割はまだわからないものの、Bradleyは製品管理ディレクターとしてGoogleのOpenSocialを指揮するJoe Krausと働くことになるだろう。

これはYahooにとっては痛手だ。新製品のほとんど(少なくとも面白いもの)はBradleyのグループ発だし、業界のイベントでBradleyがYahooの顔となることも多い。おまけに、明らかにYahooの外では世界的に好かれてもいるし、尊敬もされている。私の知る限りYahoo内でもそうだ。

Bradleyはマルチメディア検索のディレクターとして2004年にYahooに入社し、その後、デスクトップ検索とツールバーに取り組んだ。そして、Flickr買収成功の立役者でもある。Bradleyの経歴は、彼のブログの紹介ページにある。

上の写真の右がBradley。一緒に写っているのはDeliciousの創設者Joshua Schachter。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)