ディズプレイ広告の全クリックの半分は「一銭の価値もない」

次の記事

TwoFish、多彩なネットゲームで使えるマイクロ決済エンジンを発表

laughing-at-computer.jpg最近はますます多くの広告主がオンラインの広告料をクリック単価で払っている。でもこれ、クリックした相手は誰で、自社にとってどれぐらい価値のある人なのだろう?

comScoreとStarcom MediaとTacodaが昨日(米国時間2/12)発表した調査報告書によると、(有料検索リンクではなく)ディスプレイ広告に集まる全クリックの半数はウェブサーファー人口のたった6%の人たちのクリックで成り立っていることが分かった。

しかも彼らは、望ましい集団というわけでもない。 クリック回数がやたらと多い人の平均像を見てみると…

[ヘビー・クリッカーの平均像]
・年齢25~44歳
・年収4万ドル未満
・オンラインで過ごす時間は長い
・オンラインで落とすお金は少ない
・オークション、賭博サイト、求人掲示板の常連

聞くからに失業中で他にやることがない人、と想像がつく。というか、そもそもああいう広告をクリックする人って他にみなさん誰を想像してたのよ? という感じだ。

さらに今調査ではあるブランドの広告クリック回数と、ブランド認知や当該ブランドに対するポジティブな態度の間にはなんの相互関係もないことが判明した。

広告主はとっくの昔にこれも承知の上で、クリックの残り50%に全力を集中してるのかもしれないが、本当言うと彼らがすべきことはクリックなんか数えるのやめてしまって売上高やブランド認知といった現実のビジネスに直結するものを計測することなのではないか。クリック数えるのは簡単だ。意味ある経済的成果を物差しで測ること、これが難しい。

(写真撮影: Checlap

[原文へ]

(翻訳:satomi)