ImeemがSnocapを買収

次の記事

ディズプレイ広告の全クリックの半分は「一銭の価値もない」

snocap.jpg

デジタル音楽卸のSnocapが、永らく買い手を探していた末、音楽ストリーミングサイトのImeemに買収された。価格は公表されない模様。

Snocapは、Napsterを作ったShawn Fanning、Jordan Mendelson、Ron Conwayの3名によって2002年に設立された。同社はConway、Morgenthaler Ventures、WaldenVCらから$10M(1000万ドル)の出資を受け、MySpaceとの配信契約では注目を欲びたが、事業のスケーリングに失敗した(何しろ誰も音楽には金を払わなくなったのだから)。昨年、SnocapはさらにImeemとも提携した。Imeemとしては、Snocapがそのまま閉鎖するよりは買収の方が良い結果になると判断したようだ。ImeemはSnocapのデジタル指紋技術を使用して、曲が同サイトで何回ストリーミングされたかを追跡することによって、広告収入の一部をメジャー音楽レーベルに分配している。Snocapの技術が使えなくなると、Imeemは急いで代わりの技術を探すか、新しいビジネスモデルを考えなければいけなくなるところだった。

情報筋によると、契約は今週完了したばかりとのこと。Snocapにとっては、いい結末となった。同社は、大規模なレイオフを経験し、デッドプール入りを待つばかりだった。

Imeemにとっては2か月連続の買収で、1月にはAnywhere.FMを買収したところだ。Imeemは、2ラウンドの資金調達を終えているが、2度目のラウンドの金額は明らかにされていない。

なお、Fanningは、自身の新しいスタートアップRuptureにかなり力を注いでいる。

CrunchBase:SnocapImeemShawn Fanning

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)