KnockaTVの操業停止で深刻なドラマが

次の記事

ゲーム開始:ZyngaとSGNのソーシャルゲームデベロッパーを巡る戦い

2007年初めのFilmLoopの強制的な合併以降、創設者と投資家間のこれほどのドラマを目にしたことはなかった。今日(米国2/14)の前の記事で私はイスラエルのスタートアップKnockaTVデッドプール行きに向かっていると書いた。どうやら賃金が支払われないらしい従業員は、少なくとも未払い賃金の一部を得るため、会社に清算を迫っている。

意味がわからないので、この話をもう少し掘り下げてみた。すると、2007年半ばからKnockaTVは$3.5M(350万ドル)と資金が潤沢で、ICQのクリエーターだった創設者は1998年に$407M(4億700万ドル)の報酬を得ていたことがわかった。それは同社が成功することを保証しないものの、この早い段階では、従業員は自分たちの賃金の心配をしなくていいということを示唆している。

テルアビブでささやかれている噂によると、Evergreen Venture Partners(資金調達の背後にあるベンチャー企業)とKnockaTVの創設者、特にSefi Visigerとの間にある種の大きな副次的影響があったのだという。製品開発がひどく遅れてしまったのかもしれない。バーンレートはとても高く、追加的な資金調達ラウンドが必要なほどで、代わりにEvergreenが資金調達チームにもっと現金を用意するようにと要求したのかもしれない。感情が燃え上がり、創設者はKnockaTVの操業停止を決め、報道によれば、同社を清算しようとする従業員の努力を支持するという。ある情報元の話では、清算はその他の債権者が多くなりすぎる前に従業員が支払いを受けることを確かなものにするらしい。

清算は既存の株主にショックを与え、KnockaTVの資産は売却されるだろう。同社がもともとの資金調達チームに買収され、Evergreenの手元に株や投資元本が残らないという可能性も大いにある。

この話はどこまでが本当なのか? SefiとEvergreenが直接コメントを出すことはないだろう。しかし、今日イスラエルにKnockaTV以外のことや何が起こると聞いたかについて話したい関係先はほとんどない。ローンチの2ヶ月前に十分な資金調達を完了したばかりの企業は、普通ローンチ前にすぐには破綻しない。イスラエルでのEvergreenの評判は素晴らしいが、その一方で、KnockaTVの資金調達チームの何人かは、パーティーが一番でビジネスは二の次だといわれている。KnockaTVについては、最終的にこの件が一段落するまでに、今後両者からもっと話が出てくるだろう。

この話の残念なところ(従業員の賃金が未払いになるということ以外)は、KnockaTVの製品が実際には期待できるものだということだ。TechCrunchの過去の レビューはだいたいポジティブな内容になっている。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)