2月27日にマイクロソフトが発表するオープンソースプロジェクトとは?

次の記事

オンラインビデオ―女性の好みは男性より保守的?

forge.jpg

最初にロバート・スコーブルが「Microsoftがあまりに素晴らしいものを作ったので感涙にむせびそうになった」と何かの新製品について書いた。世界を一変させるようなものだというのだ。それからLong Zhengが上に掲載したページを発見した。たまたまメールによる宣伝の中のopensourcehero.com へのリンクを踏むと http://www.microsoft.com/opensource/heroes/default.mspx にリダイレクトされたのだという。

いったい全体、マイクロソフトが2月27日に用意している世界を一変させるようなサービス(しかもScobleを泣かせるような)とは何なんだ?

そこで私はもういちどScobleの記事を精読してみた。その結果(最初に読んだときに私が気づかなかったのか、Scobleが後で追加したのかわからないが)いくつか新たな手がかりを発見したように思う。

  • Curtis WongとJonathan Fayの2人はMicrosoftの「Next Media」チーム働いている。このチームは以下のようなことをしている。

    Microsoftの「Next Media」リサーチ・グループはコンピュータの処理能力、記録容量の向上とネットワーク化の進展をベースに、ここ3年から10年で実現可能な、コンシューマ向けのエレガントかつオープンな新しいメディアの可能性を研究する。このグループはコンシューマ向けの情報提供とエンタテインメントのサービス 今日まだ存在しない先進テクノロジーを他のMicrosoftのリサーチ・グループによる成果も利用して開発し、直感的で使いやすいユーザーインタフェースと説得力あるシナリオに乗せてユーザーに提供する。オールド・メディア、ニュー・メディアという区分にこだわることなく、このグループは 多くのテクノロジーを有機的に統合して次世代メディアの実際に動くプロトタイプづくりを行う。ここから「Next Media」のグループ名が生まれた。

  • Scobleは「このプロジェクトにはビジネスモデルはまったくない」と書いている。ということは同日発表が予定されているオープンソース・プロジェクトと関連があることを強く示唆する。
  • Scobleはまた「 こようなプロジェクトはシリコンバレーのスタートアップから生まれただろうか? たぶん不可能だと思う。ベンチャーキャピタリストは手を出すだけのビジネス価値がないと判断するだろう」と言っている。つまり簡単に売れるような製品ではないということだ。するとユーザーインタフェースか、何かを実現するために必要な別の何か、をオープンソースでリリースするということが考えられる。
  • Scobleは「もし私が3月3日に公開される予定のビデオを見せずに話だけを聞かせたとすれば、皆さんはくなんだ、くだらん>と言うだろう」とも書いている。ということは100%、ビジュアル関連の技術だ。そしてやはりインタフェースに関連している可能性が高い。
  • Scoble: 「ActiveWordsのCEO、Buzz Bruggemanが最初にこの話を教えてくれた」。つまりActiveWordsは知っていたわけだ。ActiveWordsはインタフェースの改良を手がけている。
  • Scoble:「WongとFeyの仕事にはたくさんのスタートアップがすでに利用している、 あのGoogle Mapチームさえ利用している技術が使われている」。やはりビジュアル、それも3Dではなかろうか?
  • Scobleのブログ記事にこういうコメントがついていた。

    これがRobertが書いている話と関係あるのかどうかわからないが、 WongとFayがこういうプロジェクトに関わっていたというのは面白い。

    「The WorldWide Telescope (WWT)」プロジェクトでは、複数の天体観測データをシームレスに統合し、ハイパーリンクされたリッチメディアによるバーチャル宇宙を解説ガイドつきで、あるいは自由に探索できる広汎な学習の機会と知識を提供する。

この前の「Scobleが泣く」という記事で、私はSilverlight関連かMS Officeのオンライン化関連、と予想したが、その後考えが変わってきた。天文学関連の驚異的なプログラムか、非常に画期的なインタフェース―何に対するインタフェースかは見当がつかないが―ではないだろうか。どうしてもFeyとCurtisが今までやってきた仕事の分野に関連があるに違いない。つまり画像、音声、ビデオを総合したメディア・マネージメントの分野だ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)