somethingsimpler
rosterbot
PubSub

RosterBotで少年野球チームのメンバー管理が簡単に

次の記事

David LaweeがGoogleの新しい企業開発担当副社長に

別に何か画期的なサービスというわけではないが、RosterBotはリトル・リーグその他カジュアルなスポーツをやっている子供たちやコーチにはありがたい贈り物だ。既存の製品と異なり、シンプルかつ無料、しかもうまく作動する。(既存の製品で何かオススメがあったら教えてほしい)。

われわれが紹介してきた他の優れたサービスと同様、これも損益計算書からではなく、実際の必要を解決するために生まれた。この場合、作者はカナダ人のIan Bell( 最近リニューアルされたPubSubのファウンダー)は自分が所属しているホッケーチームの試合に関する果て無しないメールの流れを追いかけるのにうんざりして、このアイディアを思いついたのだそうだ。

メールで、Ianはこう書いてきた。「この分野では多くのサービスが支配権を得ようとしのぎを削っている。私のアプローチは、核心となる機能に集中するというものだ。つまり多くの人々がいちばん面倒がっているチームの編成という部分で手間を省くための良い手段を提供しようとしている。ただし、それ以外の写真の共有だとか、試合の記録だとか、オマケ的な機能はいっさい省いた。他のサービスは競技のリーグなどに大口で売り込もうとして多様な機能の開発にはまり込んでいる。私はチームのメンバーに直接使い勝手の良さアピールしたい。その方がコストパフォーマンスもいいし、クチコミのパワーも期待できる。

RosterBotはどんなチーム・スポーツにも使えるし、チームを設定して招待メールを送るのに1分もかからない。読者がチームの選手だったり監督だったりすれば気に入るだろう。そうでないなら見てもムダだ。興味を引かれるようなものはここにはない。

それはそうと、Ian、新しいPubSubはいつローンチするのかね?

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)