誰がRuptureを買ったのか?

次の記事

デジタルダウンロードがブルーレイを消滅させるのはまだ先の話

Shawn Fanningの ゲームのSNSのスタートアップRuptureのローンチが遅れに遅れを重ねているので、われわれは何かあったのだろうとは噂していた。実は、と複数の情報源が耳打ちしてくれたが、どうやらRuptureは2007年にParakeyがやってのけた芸当を再現したらしい。つまりローンチ前に買収されることに成功したというのだ。

われわれは買い手と額を探るためにあちこちの藪を叩いて回ったが、NapsterのファウンダーでもあるFanningはガードが固かった。数日前にTechCrunchではFanningのもうひとつのスタートアップSnoCapがSequoiaの出資するImeemに買収されたという記事を書いたばかりだ。

Ruptureの関係者はそもそも会社の情報全般についてえらく口が固いのだが、われわれの知るかぎり、資金調達は2006年にエンジェル投資家からのラウンドを1度実施したきりのはず。さらに情報が入り次第フォローする。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)