younoodle

YouNoodleは自分たちが必然的に失敗することを予測できるか?

次の記事

アメリカの裁判では負けたが、Wikileaksの運営はつづく

新しいスタートアップYouNoodleが、今朝いくつかの主要紙上で紹介され、デビューした。 NYTimesの見出しには「他のベンチャーの将来を予測できるというベンチャー企業が登場」とあった。CEOで共同ファウンダーのBob Goodsonのいちばん傑作なセリフはこれだ。

データをいただければ、その会社が5年後にどう成長しているかわれわれはある程度の判断ができます

この話のオチは、予想機能はまだローンチされてないので、まだ誰も真偽のほどは確かめていないということだ。いまのところ、このサイトはわずかな情報しか集まっていないスタートアップ企業のデータベースにすぎない。NYTimesの記事を本物と考える理由には乏しい。Founders Fund、Peter Thiel、Max Levchinらの有名な投資家が名前を連ねていなければ、そもそもわれわれはこんなサービスを記事にしていなかっただろう。

NYTは、彼らなりに取材をやり、まったくのナンセンスと言う何人かのベンチャーキャピタリストのコメントを集めている。「そのツールがそんなにいいものだというなら、自分で資金を調達して、われわれをこてんぱんに負かせるはず」と自分ではこんなものについてブログに記事を書く手数をかけなかったPaul Kedroskyは言っている。

彼はまったく正しい。「差し押さえられた不動産を買ってたちどころに金持ちになる方法を教えます」という本やセミナーを売りつける類だ。もしYouNoodleの連中が実際にスタートアップ企業の将来価値を予測できる魔法の方式を発見しているのだったら、その情報を自分たちだけのものに独占して、それこそ途方もない金儲けができる。

こんな宣伝文句はナンセンスで、うまくいくわけがない。NYTimesはすっかり買いかぶっているようだが、TechCrunchの読者はNYTよりずっと賢明だ。Duncanが昨日行ったアンケートでは、圧倒的多数が、YouNoodleが勝者を選ぶアルゴリズムなど存在しないと回答していた。

私はこういうテストを提案する。YouNoodleがこの魔法の予測装置とやらをローンチできたら、まず自分たちをそれに通す。結果が「失敗」と出れば、それは正解で、予測の有効性が証明される。

しかしファウンダーのGoodsonは、いまのところ自分の会社をこのモデルでチェックしたことはないと言っている。賢明だ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)