2007年インターネット広告費は米国が推定$21B、世界全体で同$45B

次の記事

Google Talk、ブログやサイトでチャットが楽しめるChatbackウィジェット公開

インターネット広告市場の規模を示す報告書が2つ、本日(米国時間2/26)発表となった。

まず業界団体「Interactive Advertising Bureau(IAB)」がまとめた予備推計で2007年米国内のインターネット広告売上高は前年から25%伸びて$21.1B(211億ドル)の規模に達したという。2007年第4四半期は第3四半期の$5.2B(52億ドル)から推定$5.7B(57億ドル)に増えている。

一方Kelsey Groupがまとめた推計では米国内インターネット広告市場は$22.5B(225億ドル)という規模。先のIDCレポートでは$25.5B(255億ドル)だった(この3つの中では最高値)。

Kelsey Groupでは世界推計も出したが、それによると世界広告市場全体では総額$600B(6000億ドル)で、このうちネット広告市場は全体の7.4%に相当する推計$45B(450億ドル)という。 因みに前の年(2006年)の世界広告産業全体に占めるオンライン広告の割合いは6.1%だったので、この伸び(大した伸びではない)が続けばおそらく2012年には世界ネット広告市場は$147B(1470億ドル)に達することも予想される、とある。こうした将来予想はえてして外れるものだが、2007年の統計は参考になりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)