Jaxtr
Jangl

ドイツ人とオンラインでテクノロジー系の会話をしたいならJaxtr Cafeを試してみよう

次の記事

Google、千葉―カリフォルニア海底ケーブル事業に出資

jaxtrソーシャルVoIP通話のウィジェットのJaxtrが新しいサイトJaxtr Cafeを公開した。Jaxtrというウィジェットは、Janglなどと同様、自分たちの本当の電話番号を教え合わずに匿名でネットワーク上で会話でき、ついでに長距離電話の料金の節約にもなるというサービスを提供している。

今までJaxtrのユーザーはサービスに登録されているメールアドレスを頼りに、ほぼいきあたりばったりでランダムに出会って会話をしてきた。これに対して、JaxtrCafeは、1千万人のユーザー(50-60%が活動中)が、なんなりと自分の好みの話題について相手を探して会話をはじめることができるSNSだ。これはまたJaxtrが無料サービスから広告ベースで収益を上げるチャンスを提供する。一方、Janglはケースバイケースで収入を得ている。(Match.comでは収入の分配、PlentyOfFishでは広告)。

Jaxtrのユーザーは全員がJaxtr Cafeのプロフィール・データベースに登録される。ユーザーはこのプロフィールに基づいて興味や居住地域を検索できる。たとえば、オーストラリア居住者で食べ物に関心がある相手と会話したければ、データベースから簡単にそういうユーザーをを選びだすことができる。あとはJaxtrのウィジェットを利用してテキストでメッセージを送るなりVoIPで会話を始めるなりすればよい。

私はIngenioのEtherのような機能がないのに驚いたが、それはたぶん今後数ヶ月のうちに追加されるのだろう。むしろこのサービスはSkype Liveによく似ている。しかしJaxtrの利点は、誰もがSkypeを起動しているわけではないのに対して、電話ならほとんど誰もがいつも利用できる状態になっている点だ。市内通話の料金はかかるが、長距離料金は無料になるので、全世界どこにいる相手とでも安く会話が楽しめる。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)