ニュース
PhotoBucket(企業・サービス)
billshrink

Photobucketの幹部、新スタートアップBillShrinkへ移籍

次の記事

MyPunchbowlなりのBuzz:パーティー専用ニュースフィード

Photobucket(昨年5月にFIMに買収)の事業開発担当副社長のPeter Phamは会社を去って新しいスタートアップBillShrinkに加わる。

BillShrinkは過去7ヶ月、おおむねステルス・モードで開発を続けてきたが、2週間ほどの間にローンチする予定。このサービスは消費者の節約の手助けをするのが目的だ。具体的には、特定の分野でのサービスのパッケージを比較してもっとも有利なものを提案する。当初まず携帯電話の分野からスタートする。Phamによれば、半分「LowerMyBills」に似ており、半分「Mint.com」にも似て位いるという。

消費者は携帯電話についていくつかの質問に答え、オプションで携帯料金をチェックするアカウントのユーザー名とパスワードを伝える。BillShrinkはこの情報に基づいてユーザーの携帯利用習慣を分析し、最適な回答を探す。非常に広範囲に携帯電話プロバイダから収集されたデータから最適の基本パッケージとアドオンをセットした契約プランを提案する。このOrbitz式の結果は、たとえば料金が少々高くてもカバー地域が広いほうがいいというようなユーザーの好みによって調整することができる。

BillShrinkの提案は、数多くの携帯プロバイダのウェブサイトをスクレイピングして情報を収集し、適切に内容を解析するエンジンの能力によっている。同社では料金プランを単純に比較するだけではなく、次第にサービスを改良してLowerMyBillsのように、多数の要因を考慮に入れた独自の明確な提案ができるようにしたいと考えている。

BillShrinkは携帯にとどまらず、将来はクレジットカードや保険契約などの分野へも進出する計画だ。最終的には消費者がさまざまな分野での支出にあたってひんぱんに訪問してくれるような信頼されるデスティネーション・サイトとなることを目指している。ビジネスモデルとしては、Mintと同様、このサイトから事業者のサイトを訪問した見込み客の紹介料金を収益源とする。

BillShrinkの共同ファウンダー、Schwark SatyavoluとSamir Kothariは Bessemer Venture Partnersから資金を調達している。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)