ウェブのちょいセレブを発掘するSarah Meyersの新番組「Pop17」本日スタート

次の記事

ギングリッチ元下院議長の政治団体「American Solutions」がシリコンバレー事務所開設

pop17-logo.png非公開アルファ版で2ヶ月の試用期間を終え、本日(米国時間2/26)からサラ・メイヤーズ(Sarah Meyers)が司会を務める日刊ウェブ動画番組『Pop17』がスタートする(サラは何個か試した後、番組名を『PopSnap』から変えたようだ)。

番組では毎日ウェブのあちこちで誕生するマイクロ・セレブリティー(ちょい有名人)を発掘し、アーカイブ式スタイルで紹介していくが、毎週金曜3PM ETにはサラがMogulusでライブ番組を開く、という趣向だ。このコンセプトは「参加」カルチャーを謳歌している点がいい。これがあるからウェブは人を行動に駆り立てるソーシャルな媒体に育っているのだ。ファンを確保できるだけの才能とアピールを備えた人なら誰でもウェブのセレブになれる。その彼らにもこの番組でやっと出番が回ってきた。 TechCrunchも、この番組の誇り高きスポンサーだ。

番組紹介の回でサラは、ランダムに抽出したニューヨーカー44人にマーク・ズッカーバーグ、Perez Hilton、Tila Tequilaみたいなウェブの著名人を知ってるかどうか尋ねている。結果を見ると、ズッカーバーグもそれほど有名ではないようだ(TechCrunchもね)。

[原文へ]

(翻訳:satomi)