yellowbot
InsiderPages
citysearch

Yelp、第4ラウンドで$15M調達、評価額$200Mとの噂

次の記事

Facebookがさらに整然と:プロフィール用マルチタブ

人気の地域レビューサイトYelpが、$15M(1500万ドル)の資金調達ラウンドをDAG Venturesのリードで実施することを近くアナウンスする。評価額は$200M(2億ドル)あたりだろうと噂されている。Yelpはこの資金を、地域の拡大、営業部隊の強化、ニューヨークオフィス設立(同社の拠点はサンフランシスコ)などに使う予定だと言っている。今回はYelpが2004年に設立されて以来4回目のラウンドだ。

Yelpが自慢する数字も目覚ましい。過去30日間のユニーク数が830万、総レビューが230万件(2007年5月に100万件を突破している)だ(データは、同社から提供されたGoogle Analyticsの統計による)。Yelpは、InsiderPagesCitysearchが買収)やYellowBotなどと同じ競争の激しい分野にいるわけだが、いずれ本当のライバルはGoogle LocalとYahoo Localになるだろう。

この最新ラウンドでは、これまでのインベスターであるMax Levchin(2004年夏に$1M[100万ドル])、Bessemer Venture Partners(2005年4Qに$5M[500万ドル])、Benchmark Capital(2006年4Qに$10M[100万ドル])らに続きDAGが名を連ねた。これでYelpの総調達資金額は$31M[3100万ドル]になった。収益は年間$10M(1000万ドル)に満たない程度と噂されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)