userplane

Userplane、DesktopをAIRで作り直す

次の記事

Yahoo訴訟、7件に

Userplaneは、同社の製品Desktopのバージョン2を発表する。これは新しく公開されたAIRをベースに作られているため、別々のオペレーティングシステム間でも互換性がある。このDesktopを使うと、ウェブデベロッパーは、インスタントメッセージ、通知、アドバタイズ等のメッセージ全般の拡張機能をブラウザーの外で使えるようになる。

この新バージョンは、ソーシャルネットワークデベロッパーで、AIRを利用したいがこれでカスタムアプリを作るだけのリソースのないところには特にアピールするはずだ。3月10日公開のUserplane Desktop最新版を使うと、デベロッパーはカスタマイズするだけでアプリケーションがUserplaneのサーバー上でも走るようになる。

Userplane Desktopには無料バージョンもあるが、デベロッパーが広告を外したければユーザーのレベルに応じて月間利用料を払う必要がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)