ヤフーのMyBlogLog、ユーザー活動情報のフィード機能を追加

次の記事

YouTube、「今年中にライブビデオをサポート」との情報が確認される

MyBlogLogはブロガーのSNSで、約1年前にYahooに買収された。今夜(米国時間2/29)いくつか重要な新機能を追加してバージョンアップした。TechCrunchの右側のサイドバーに設置されているのでお馴染みだろうが、MyBlogLogのウィジェットには最新の訪問者の名前とプロフィール写真が表示される。

新しい機能はネットワーク上の活動状況のフィードだ。すべてのユーザーについて新しいブログ記事、写真、Deliciousへのブックマーク、FacebookやTwitterのアップデート、その他すべてのソーシャル・ネットワーク上での活動がストリーミングされる。スクリーンショットは私の新しいプロフィール・ページだ。下にサマリー・ウィジェットも追加してある。

聞いたことがある話しのように思えるかもしれない。どの機能も最近の新しいスタートアップが必ず備えている定番だからだろう。Facebookが最初にニュース・フィードを設置して人気を集めたのは2006年の後半だった。その後、皆がこのアイディアを取り上げ、さまざまなSNSで採用されるようになった。最近$5M(500万ドル)を調達したFriendFeedがたぶん一番人気がありそうだ。Plaxo、Soup.io、Iminta、SpokeoProfileLinkerMyLifeBrandFuser30BoxesMugshotReadr Second Brainなど、これらすべてのサービスにいろいろな形で採用されている。最近、FacebookはNewsFeedを広くオープン化して、さらにユーザーが独自のサービスを付け加えられるようにした。

いやまったく、これでは数が多すぎていちいちテストしていられない。忙しい読者が簡単にひとつだけテストしてみたいなら、オススメはやはりFriendFeedだろう。(私のアカウントはここ)。 FriendFeedにはとにかくたくさん人がいて、コメントを残すなどいろろな活動を行うハブとして利用している。すでにPlaxoを使っているなら、こちらのPulseサービスも同じくらいよくできている。Facebookは今のところまだあまりに閉鎖的なので、この分野のライバルとは呼びにくい。

MyBlogLogの新機能はたしかに魅力を付け加えるものだが、大きな衝撃を与えるというほど革新的ではない。とはいえ、MyBlogLogには熱心なファンからなる巨大なコミュニティー(私を含めて)がある。注目している人々のネット上の動静の情報を得るため、私もこの新しいニュースフィード機能を利用してみるつもりだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa、U)