Facebook、グーグルのSheryl SandbergをCOOに起用

次の記事

「Office Live Workspace」ベータ版が一般公開に

Facebookがグーグルの元国際オンライン営業&事業部門VPのSheryl SandbergをCOOに採用したと発表した。Sandbergは3月24日よりFacebook勤務となる。

Sandbergはグーグル勤続6年。その間グーグルのAdWordsとAdSenseの両方のオンライン営業チャンネルを構築した人だ。グーグル転職前はビル・クリントン政権下、米財務長官参謀長を務めていた。

Facebookは今、成長中のトラフィックベースを利益に繋げる課題に重点的に取り組んでいる最中だし、このSandberg指名でその営業努力もさらに強化されるだろう。

Facebookによると、「SandbergはFacebookの事業規模を広げ、世界的プレゼンス拡大を支援する責任者となる。FacebookのCEO、Mark Zuckerberg直属の部下として販売・マーケティング・事業開発・人事・公共政策・プライバシー問題・通信を管理していく」とある。

Facebookはまた一人、素晴らしいグーグル社員を引き抜いたことになる。グーグルにとって「Facebook問題」(11月のエントリ参照)は相変わらず頭の痛い問題だ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)