音声の未来は音なしの音声?

次の記事

Hi5、OpenSocial対応アプリの国際化に準備万端

上のビデオのデモではまだ処理時間がかなりかかってもたついているが、それでも驚異的だ。音なし音声なのだ。

New Scientistの説明によると、このネック・バンドは発声しようとする神経信号を捕らえて音声を合成する。いわば思考を音声に変換する。注意深く練習を積むと、実際に発声せずに声帯に発声の神経信号を送ることができるようになる。この信号をネック・バンドで受信し、無線でコンピュータに送る。コンピュータがこれを解析して音声を合成するという仕組み。

このシステムはAudeoと呼ばれ、現在、150の単語とフレーズを理解できるという。応用としては声を出さずにかけられる携帯電話やVOIPからIM(音声認識でテキスト化する)、発声機能を失った障害者向けまでいろいろ考えられる。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)