Flickrにビデオがやってくる―間違いない

次の記事

今夜のFlickrパーティーででくわした可笑しな話

2005年の半ば頃、私はYouTubeを初めて紹介した。当時YouTubeを説明するには、Steve Rubelも書いているが、「Flickrのビデオ版みたいなもの」というのがいちばん分かりやすかった。その時点では誰もYouTubeがあれほど巨大な存在に成長するとは予想していなかった。なにしろYouTubeはテクノロジー的にはAdobeのFlashに全面的に依存しており、Flickrの方が興味深いサービスに思えた。

Flickrはその数ヶ月前にYahooに買収されたところだった。2005年にはまだものごとの動きがえらくゆっくりしていたこともあり、YouTubeが当時Flickrが謳歌していたような成功を収めるとはほとんど誰も考えていなかった。ところがそれからわずか1年でYouTubeはいきなり$1.65B(16億5千万ドル)に大化けした。以来ずっと、Flickrのユーザーは休暇の写真をアップロードするたびに「なぜビデオもアップできないんだ」と不満を募らせることになった。

YahooはFlickrにビデオ機能を追加するとずっと以前から約束している。2007年5月にFlickrの共同ファウンダーのStewart Butterfieldはわれわれに「近くビデオがアップロードできるようなる」と言明した。この約束は2007年8月にも再確認されている。しかしYahooがFlickrを買ってからほぼ3年経つというのに、4周年記念パーティーが開かれた今夜になっても、未だにFlickrのユーザーはビデオのアップロードができない。

しかしYahooが近々Flickrにビデオ機能を追加することにしたという噂が飛び交い始めている。近々、というのはこの3週間以内にも、ということだ。ビデオ機能のリリースの遅れは、Flickrビデオの機能を現行のYouTubeの機能とどう差別化、独自化していくかという点についてYahoo部内で意見が分かれていたためらしい。どうやら、その議論にも決着がついたようで、公式発表があるのも間近と思われる。

Yahooの広報もその他の社員もこの件に関しては非常にガードが固い。(私はパーティーで会ったYahoo社員の全員に尋ねてみた)。しかしリークは止めようがなく、噂は過熱し始めている。Flickr Videoがいよいよやってくる。間違いない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)