Googleが非営利ポータルをローンチ

次の記事

BracketBrainsでスポーツギャンブラーが有利に

google-for-non-profits.jpgGoogleが非営利団体向けのGoogleサービス専用ポータルをローンチした。

Google for Non-Profitsは「スマートで費用効率が高い方法で団体のミッションを前進させる一助となるツールのワンストップショップ」を提供している。そして、サイトには非営利団体のプロモーション、寄付金集め、より効率の良い運営のためにGoogleのツールを使うアイデアやチュートリアルがある。

サイトの機能はGmail(ホストされたメールを含む)、YouTube、Blogger、Gadgets、Earth、Calender、Analyticsを始めとする標準的なGoogleのサービスなど。そのうちの2つの面白いサービスは、サイトで寄付を受けたい非営利団体へのGoogle Checkoutの無料提供と、GoogleのAdwordsネットワークを通じた非営利団体のための無料広告Google Grantsだ。

これまで利用できなかったサービスはそれほどないものの、無料の広告と商業サービスは、コストを削減し自分たちの団体をプロモートしたい非営利団体にとって間違いなく魅力的だろう。

Googleより)

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)