Adobe、ジョブズの否定にもかかわらずiPhone向けFlashを勝手に準備中

次の記事

GeoSignが$160Mをパーにしたわけ

EngadgetはAdobeが最近リリースされたSDKを利用してiPhone向けにFlashアプリケーションを開発しようと準備していると伝えている。Steve JobsがFlashはiPhoneに利用するにはいまだ十分なテクノロジーではないと宣言してから2週間とたっていない。

それじゃいったいJobsの並べた不平はいったいなんだったのか? Jobsによればモバイル版より高機能でデスクトップ版より省電力な新しいバージョンのFlashでなければiPhoneには使えないということだったのだが。その答えはAdobeがどんな製品を出してくるのか分かるまでお預けだ。AdobeのCEO、Shantanu Narayenは「われわれは〔新しいSDKを〕検討した結果、独自にiPhone用 Flashプレイヤーを開発できると判断した」と言ったとされる。

では今度はMicrosoftがSilverlightのSDKでiPhone用アプリが作れると宣言する番だ。Microsoftのデベロッパー・プラットフォーム担当副社長のSteve Guthrieはその可能性もあるとほのめかしていたが。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)