Web2.0の最新情報を追うには

次の記事

Odeo、BlogDiggerを買収

テクノロジーの世界で起きている最新のニュースや友人の動静をフォローするにはどういう手段が効果的か、議論が続いている。たくさんのスタートアップがいろいろな方面で改良を提案しており、それぞれにメリットがあるのも事実だ。しかしここでは情報収集に確実に役立つヒントをいくつかご紹介しよう。

優秀なフィードリーダーは?

われわれの間ではフィードの仕組みを理解して活用するのは当然だと思われている。しかし実態はというと、RSS、Atomあるいはフィードという単語そのものが一般の人々にはまだなじみのないものだ。出発点としてはなんといってもまず優秀なフィードリーダーを一つ利用することだ。私の個人的な好みはGoogleReaderだが、それ以前は長年にわたってBloglinesのファンだった。その間、Bloglinesにはさまざまな機能が付加されてきた。最終候補はこの二者のいずれかということになるだろう。もしフィードリーダーを利用しはじめた場合、TechCrunchはここから購読できる。しかしもちろん情報源は複数必要だ。この分野ではReadWriteWebGigaOmVentureBeatなどの購読がオススメだ。

スタートページ

毎朝当然TechCrunchに最初に目を通すが、その後私はTechMemeを読む。Gabe Riveraが運営するこのサイトは、一部で批判の声も出ているものの、テクノロジー系ブロゴスフィアにおけるホットなニュースを的確に選択、表示しつづけている。記事はわれわれがTechCrunchで扱うよりも技術一般に広く目を配ったものも多い。

Twitter


私のTwitter利用法はまだ付け焼刃だといわれることもあるが、日を追うにつれてTwitterで最初に最新のニュースを知ることが多くなってきた。ただしTwitterの価値は加わっているネットワーク次第だ。したがってTwitter初心者は当初寂しい(つまらない)思いをするかもしれない。時間をかけて少しずつ友達を増やしていくことだ。

まとめ

この業界で何が起きているか詳しいことを知りたいなら、現在、対話的なものも含めて情報収集を助けるさまざまなツールが利用できる。ただしノイズもまた大きい。時折ノイズの方が大きくなってしまうことさえあるが、しかし上に挙げたようなツールは大変効果的なので使ってみるとよい。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)