Retrevo

Retrevo、$8Mを調達―コンシューマー・エレクロトニクスの情報を一箇所で

次の記事

Bebo買収に$850Mは払い過ぎ? AOL経営陣から疑問の声

Retrevoはコンシューマー・エレクトロニクス製品の情報をウェブ全体から収集してくるサイトだが、Norwest Venture PartnersAlloy VenturesからシリーズBで$8M(800万ドル)の資金調達を行った。両社ともシリーズAの投資者。Retrevoはこれで合計$11.9M(1190万ドル)を調達した。

Retrevoの目的は購入の前後を通して消費者にエレクトロニクス製品の情報を提供することにある。購入の過程では、このサイトは製品の価格や機能の詳細をビジュアルに表示してショッピングのアドバイザーとして機能する。またオンライン通販サイトの価格に加えて専門家や一般ユーザーのレビューをウェブ全体から収集してくる。こういった情報の多くはAmazonやCNETのようなサイトからスクレイピングによって入手している。(Retrevoは専門分野の検索エンジンとしてスタートしたので高度なスクレイピング技術を持っている)。

消費者がいったんエレクトロニクス製品を購入した後も、Retrevoはユーザー・マニュアルや関連資料を容易に検索できるように提供、ユーザーの問題解決を助ける。

Retrevoでは、今回調達した資金で開発の加速、インターフェースの改良、補完的なサービスとの提携、プロモーションなどを実施していく。同社はまた最近の数ヶ月で2桁のパーセンテージの成長を遂げているとしている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)