Google成功の秘密:タダビールと寿司

次の記事

Googleがまたワイヤレスゲームにボールを投げ入れた:WiFi 2.0

beersushi.jpg新しい本の中で、Googleの初代シェフCharlie Ayersが、Googleの成功の多くはタダビールと寿司によるものだ、と話している。

その本『Eat Yourself Smart』の中で彼は、寿司のおかげでGoogleのエンジニアがより良い仕事ができるようになったと主張している。「魚に含まれる脂肪が細胞膜を丸くし、脳をよりしなやかに、より栄養素を吸収しやすくするのを助けるのだ」。

また、the Sydney Morning Heraldとのインタビューの中では、Googleがいかに従業員から最高の結果を引き出したかを説明している。

[Ayersは]無料のビールと2週間ごとの「ばかでかい」バーベキューを始めとする新しいアイデアで、コンピュータエンジニアを長時間労働の環境に徐々に慣れさせることを始めた。また、大学卒業ほやほやのコンピュータの専門家を朝早い仕事に慣れさせるために、「フレンチトーストのココナツ、マカダミア、ラム添え」などの特別な朝食を作り出した。ラム、ビール、バーベキューは「Googler」をピザから引き離しサラダに向かわせ、昼食後も確実に働き続けるような食習慣に変えるための完璧な口実を与えた。……以下略……

私のお気に入りの引用(と筋の通った考え)は次のものだ:

「Ayersは Googleの創設者のSergey BrinとLarry Pageに雇われた。彼らはGoogleのことを腹が減っては戦ができないインターネットの巨人だと信じていたのだ。ナポレオンの軍隊と同じように」。

(画像著作権:TropicalIsland

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)