サンフランシスコのSnap Summitで明らかになったFacebookに関する情報

次の記事

Citigroup、Microsoftの修正提示価格に基づきYahooの目標価格を$34に

今日(米国時間3/25)、サンフランシスコで開催されているSnap Summitで、FacebookのシニアプラットフォームマネージャーDave Morinが午後の基調講演を行った。

そこで彼はFacebook事業と今後発表される製品に関する数々の興味深い情報を明かした(あるいは巷の推測を認めたものもあった):

  1. 来週Facebook Chatがローンチする、とMorinはいった。3月18日(米国時間)にチャット製品を確認したとき、Facebookは「今後数週間のうちに」ローンチする予定だ、と話しただけだった。Morinがそれ以上はっきりとした日付をいわなければ、本人から聞くまで、外部のローンチ日の予想は4月5日の土曜日だ。チャットのビデオデモはここで見ることができる。
  2. CBSのMarch Madnessアプリケーションでしたように、Facebookが利益パートナーに対して優遇措置を与え続け、ユーザーエクスペリエンス向上を目指したルールを曲げ続けるのかどうかという質問にMorinは答えた。ヘビーユーザーと開発者の反発にも関わらず、Morinの答えは「また起こらないとはいえない」だった。
  3. Facebook、Accel、Founders Fundが始めた$10M(1000万ドル)のfbFundは、アプリケーション開発者とのレビューラウンドを2つ完了させ、いくつか投資を行った(数には言及しなかった)、とMorinは語った。また、投資額は$25,000~$250,000、平均で$200,000だとも話した。
  4. Facebookは開発者のためOpenSocialスタンダードをサポートする意思があるのか、と誰かが尋ねた。それに対し、将来的に「もし面白くなれば」サポートするかもしれない、とMorinは答えた。
  5. Morinは、今後180日以内にFacebookが開発者がユーザーから直接支払いを集められる支払いシステムを始めるのではないか、というを認めた。しかし、それ以上の詳細は明かされなかった。
  6. Facebookには40億枚近くの写真がある
  7. カナダの人口の20%がFacebookを利用していると推定される。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)