Wikipediaの記事、ついに1千万件に到達

次の記事

中国はマイクロソフトのヤフー買収にどう出るか?

Wikipediaについに第1千万項目目の記事が投稿された。Nicholas Hilliard という16世紀ハンガリーの画家の伝記である。(英語版はここに)。

Wikipediaでは、この1千万の記事は250種類の異なる言語で書かれているとしている。英語はWikipediaで依然としてもっとも広く使われている言語で、230万項目が書かれている。(2007年9月に200万番目 の英語の記事 が投稿された)。英語の次に広く使われているのは、ドイツ語、フランス語、ポーランド語、日本語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語。

言語別の記事数についてはこちらを参照。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)