未来検索のGoogle、「GDay」ローンチ

次の記事

Whisher: 料金制Wi-Fiを手軽に

Googleオーストラリアは本日(現地時間4/1)、Gdayをローンチした。これは検索の時点よりも未来のウェブを検索することができるエンジンである。

Googleのスパイダー〔クローラー〕は公にされているウェブの情報の情報を収集し、われわれのサーバーの中にインデックスを付与された過去のウェブをキャッシュしています。ここで無数の要素、たとえば繰り返しによる予測、ファジー統計分析、オンライン・オッズ分析、iGoogle天気予報ガジェットからの天気予報などをマッシュアップして、われわれは極度に進歩したモデルの構築に成功しました。なんとインターネットの24時間後の状態が予測できるのです。

われわれはこのテクノロジーを利用して、事実上ウェブ上のありとあらゆる現象の予測が可能となりました。明日の株価の動き、スポーツの試合結果、ニュースの出来事、すべてです。これに加えて、言語の逆行解析技術を利用して、Googleはブログや新聞のコラムが執筆される24時間前にその文章を予測することが可能となりました。

ユーザーの検索語との関連性の高さに従って検索結果を排列する技術は gDay™ と呼ばれ、これはPageRankの未来版、SageRankが使われています。

Gdayを可能にしたテクノロジーの詳しい内容は不明だが、Mate=「コンピュータによる自動時間軸外挿法(Machine Automated Temporal Extrapolation.)」の頭文字―が利用されているという。

〔注:言うまでもないが、発表の日付に注意されたい。〕

関連情報はこちらに.

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)