またひとりGoogle幹部が離脱。VPがEMIグループ社長に

次の記事

Facebook Chat公開直前、Babukiがいちかばちかの賭けに出る

またひとり、脱Google社員リストに加わった。情報筋によると、Googleのエンジニアリング VP Douglas Merrillが退社した(ここでも確認された)。退社後は英国のニューヨーク拠点の大物音楽レーベルであるEMIグループの社長に就任する。

Merrillは2003年、Googleに情報システムシニアディレクターとして入社した。退社直前の役職では、社内のエンジニアリングと全世界のサポート系統の直接の責任者だった。Merrillは以前Charles Schwab and Co.のSVPを務めていた。

いったいどうして〈悪をなさぬ〉会社を離れて、世界で一番嫌われている業界に移ろうという人がいるのだろうか。まだ詳しいことは聞いていないが、2~3日中に出るであろう公式プレスリリースを読むのが楽しみだ。

ひとつはっきりしていることがある。この男が下のビデオのようなロックスターのヘアスタイルの似合う場所を、ようやく見つけたということ。おめでとうDoug、そしてとにかく音楽税には反対してほしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)